クロスバイク ルイガノ2006 RSR2 ルイガノLGS-RSR2
クロスバイク・ルイガノRSR2を昨年購入しました。「ちょっと高いなあ」とか思いながらも「気に入った自転車を買わないと後悔するぞう」と自分を説得して決めました。それから、クロスバイクの魅力にすっかりはまってしまいました。荒川サイクリングロードを中心に走ってます。ダイエット効果・メタボリック対策に最適な自転車でスポーツしてみませんか?

にほんブログ村 自転車ブログへ サイクリングブログランキング

2007年05月20日

楽に速く走りたいDタイヤ700×23C

23Cタイヤ

タイヤはクロスバイクの性能、方向性を左右する重要なパーツです。
クロスバイクを速く走らすためには、エンジン(=人間の体力)を性能アップさせるのが、一番確実です。残念ながら、このエンジンはなかなか性能が上がりません。排気量を上げたり、ターボチャジャーをつけてパワーアップなんてできればいいのですが・・まあ、それじゃ、つまんないです。日々のトレーニング積み重ねで向上するということですね。

でも、毎日走れる人は限られてしまいますよね。私もせいぜい週1回、CRを走りに行くぐらい(サイクルトレーナーも持ってますが、最近あまり・・)です。
そこで、楽して速く走るために性能の高いタイヤを装着することにしました。自動車のレースでもタイヤのチョイスは勝負の結果を左右します。
というわけで、選んだのがMICHELIN ミシュラン プロ2レース25Cでした。

前置きが、かなり長くなってしまいました。

今回タイヤサイズを700×25Cから23Cに替えることにしました。25Cというサイズは快適性と走行性能のバランスのとれた、オンロード向けのクロスバイクの性質に適したものおもいます。
最近は各メーカーから25Cサイズのタイヤはかなりリリースされています。しかし、カラーに関しては相変わらず選択肢は限られてしまします。今後クロスバイクがもっと普及していけば、バリエーションが豊富になるでしょう。しかし、現状では自由にカラーを選ぶには23Cをチョイスするしかありません。

P1000063.JPGRACING3のホイールの赤にあわせて、タイヤも赤を使い、コーディネイトすることにしました。調べると赤が入った23Cのタイヤは種類豊富でかなり迷いました。

Vittoria オープンコルサEVO-CXに最終的に決めました。プロ2レースと最後まで迷いましたが、タイヤサイド側まで真赤ではちょっと派手過ぎると思い、赤の面積がほどほどのEVO-CXに決定。


パナレーサー R‘AIR ロング48mm 700×18C−25C
を予備も入れて3本ゲットしました。



まだプロ2レースが現役なので、クロスバイク(ルイガノ)に装着していません。タイヤ交換でどれだけクロスバイクの印象が変わるのか、楽しみなんですけどね。

装着完了したらご紹介します。




タイヤ


タイヤサイズについて


クロスバイクとタイヤ


人気blogランキングへ 今日の順位はここから 

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
My Yahoo!に追加

クロスバイクで休日TOPへ



この記事へのコメント
いいタイヤですよ。とにかくハイグリップです。
そのぶんなのか?走行抵抗はミシュランより重い気はしますが。
トレッド面の寿命は、ミシュランよりは長いです。
Posted by エディ at 2007年05月20日 22:21
エディさんコメントありがとうございます。

見た目で選んだ初23Cなのでちょっと不安でした。
グリップに優れてるなら安心感ありまね。
装着して走るのが楽しみです。

Posted by すの at 2007年05月20日 23:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。