クロスバイク ルイガノ2006 RSR2 ルイガノLGS-RSR2
クロスバイク・ルイガノRSR2を昨年購入しました。「ちょっと高いなあ」とか思いながらも「気に入った自転車を買わないと後悔するぞう」と自分を説得して決めました。それから、クロスバイクの魅力にすっかりはまってしまいました。荒川サイクリングロードを中心に走ってます。ダイエット効果・メタボリック対策に最適な自転車でスポーツしてみませんか?

にほんブログ村 自転車ブログへ サイクリングブログランキング

2007年06月04日

クロスバイク通勤スペシャルはどれがいい2

LOUIS GARNEAU(ルイガノ)LGS-AD8の最大の特徴は変速機が、シマノ製新型内装8段変速機アルフィーネを採用しているところにあります。
しかも、フロントギアを2段で16段変速となってます。



内装変速機とは、後輪のハブ内に組み込まれたギヤによって変速する方式です。変速機が表に出ていないため変速不良などの故障が少ないというメリットがあります。また、変速機内にグリスが封入されており、外部からホコリや水の浸入もないため、メンテナンスの必要性が低い変速機です。
通勤用クロスバイクは、ほぼ毎日乗ることにになります。日々の仕事を終えてからメンテをするのも大変ですね。そうかといって、サビサビスプロケで走るのも嫌ですし。メンテの回数を減らしてもクロスバイクが、ちゃんと毎日走ってくれるという安心感は通勤用としては最適だとおもいます。
内装変速機のもうひとつのメリットは停止したまま変速ができるということです。通勤で走行するのは、街中が多くなりますね。当然信号が多いので、ギヤチェンジの回数は増えます。止まる前にギヤを軽くしておくという、割と面倒な操作が不要になります。信号待ちで止まっている時間に軽くすればいいのですから。

内装変速機は優れたシステムですが、もちろんデメリットもあります。外装変速機(スプロケによる変速機)に比べて重いことです。速く走るための目的のクロスバイクでしたら、迷わず外装変速機を選びます。しかし、通勤用に使用するクロスバイクは、楽に操作でき走りに集中できることを最優先して選びたいです。

ただし今回選んだ、クロスバイク通勤スペシャルは重量面でも合格してるものにしました。おかげで、ちょっと価格面を犠牲にしてしまいましたが・・・
ルイガノLGS-AD8は重量11.1kg(450mm)です。しかもディスクブレーキ、ハブダイナモ搭載です。この装備でこの重量でしたら、軽量といってぐらいだといえます。




通勤用クロスバイクは雨の日の走行も想定しなくてはなりません。その点は、ルイガノLGS-AD8はディスクブレー装備のため、制動力は抜群です。シマノ製ということも信頼感があります。




帰宅時間が遅くなることも多いとおもいます。ルイガノLGS-AD8はフロントハブダイナモから電力を供給してます。電池切れの心配無しです。ライトもシマノ製です。


今回ルイガノLGS-AD8を通勤スペシャルに選んでみましたが。もちろん、通勤だけに使用するという目的だけでは選んでません。週末サイクリングも楽しめるクロスバイクという点を重要視してます。
重量11.1kg、アルミフレーム、700C×25Cサイズのタイヤなど、スポーツ走行でも軽快にいけそうです。
パーツ類も怪しいメーカーではなくシマノ製を採用していることも信頼感が高く、選んでも間違いないとおもいます。見た目に関しては、個人の好みがあるので評価は分かれるとおもいます。私個人はシンプルなスタイル、よく見るとメカっポイところなんかが、好きです。


勝手に通勤スペシャルを選んでみました。価格面などを考慮するとベストではないかもしれません。再度、価格限定で選んでみたいです。
また、このクロスバイクにあわせて、通勤用バック、泥除け、スタンド・・などチョイスしてみようと考えてましたが、今日は眠さの限界です。すいません・・別の機会にもう一度書こうとおもいます。

人気blogランキング 今日の順位がわかります
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
My Yahoo!に追加

クロスバイクで休日TOPへ





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。