クロスバイク ルイガノ2006 RSR2 ルイガノLGS-RSR2
クロスバイク・ルイガノRSR2を昨年購入しました。「ちょっと高いなあ」とか思いながらも「気に入った自転車を買わないと後悔するぞう」と自分を説得して決めました。それから、クロスバイクの魅力にすっかりはまってしまいました。荒川サイクリングロードを中心に走ってます。ダイエット効果・メタボリック対策に最適な自転車でスポーツしてみませんか?

にほんブログ村 自転車ブログへ サイクリングブログランキング

2007年11月13日

クロスバイク LOUIS GARNEAU(ルイガノ) LGS-RSR3 2008MODEL その2



LOUIS GARNEAU ルイガノLGS-RSR3



LOUIS GARNEAU ルイガノLGS-RSR2

写真上がクロスバイク・ルイガノLGS-RSR3、写真したはルイガノLGS-RSR2です。
ぱっと見、カラー以外(同色も有)同じに見えますが。装着パーツによって価格差だけでなく、ちょっとだけ方向性を変えて棲み分けしているようです。(ルイガノはけっこう商売上手かも・・・)

まず、パーツの違いですぐわかるのがクランクセットですね。色が違ってますから。RSR3のブラックなクランクセットはFSA VERO,RSR2はシマノTIAGRAです。どちらもコンパクトドライブ(50/34T)を採用していますので巡航も楽ですし、上り坂も楽々とまではいきませんがかなりこなせます。どちらも大幅な性能差はないと思います。
ただし、RSR3装着のFSAは170mmだけとなります。

次に違いがわかりやすいのは、バーエンドバーの有無です。RSR3には
装備されてません。コストダウンが目的かもです。バーエンドバーは、後付けできるとおもいます。RSR3を選ぶ方で坂道走行や長距離走行が多いならは追加したほうがいいかもしれません。

サドルも形状が違いますね。RSR3の方は厚みのあるフラットな形状です。乗り心地を重視しているようです。RSR2のサドルは肉薄で曲線的です。ある程度ポジションが固定されてしまいますが、ベストポジションをみつけられればこちらの方が走り易いとおもいます。ただし、パット付のパンツが必需品となるでしょう。

ホイールの違いがわかり易いです。
RSR2はシマノWH-R500Aと実績のある信頼感の高いものを採用しています。ただし普段の走りにどれだけ差が着くかといえば、それほど変わらないと思います。

フロントフォークはRSR2もRSR3もカーボン製を採用です。RSR3がこの価格(85,000円税別)でカーボンフォークを装備しているのはかなりお得感があります。カーボンが微振動を吸収してくれるので変な疲れを軽減できるので乗り心地もよく、軽量化にもなってます。









その他仕様書を比べると、RDはRSR2はTIAGRA、RSR3はSORAとなってます。SORAはRD3300からRD3400へモデルチェンジにて9速化されているためRSR3もRSR2と同じ18速です。このへんでも、RSR3のお得感が増しますね。

タイヤは2車種とも700×25Cです。RSR3はMAXXISマキシス・FUSEでRSR2はSCHWALBEシュワルべ ・BLIZZARDです。どちらもトレーニングタイヤという位置付けとなってますので同等品といえます。あえて特徴をあげるなら、BLIZZARDは対パンク性で優れていることです。

大きく違うのはRSR3がロード用ブレーキを採用していることです。RSR2をはじめクロスバイクに通常採用されるのはVブレーキです。これは他のクロスバイクには見られない特徴です。
ブレーキ周りがすっきりとしたスタイルとなってます。
ただし、タイヤのサイズが限定されますので太いタイヤで乗り心地を良くしようと考えているのでしたら、VブレーキのRSR2をはじめとするクロスバイクを選んだ方がいいとおもいます。
ロード用のブレーキはどちらかというとじわじわという感じでスピード調整向きといわれてますので、Vブレーキのようにガツンと止めるのは苦手なようです。

クロスバイク・ルイガノRSR3の特徴をルイガノRSR2との比較で書いてみました。較べてみると、RSR3はかなりコストパフォーマンスが高い、お徳なクロスバイクだと思います。
これから、クロスバイクを買いたいと考えている方は、候補の1つに加えてみてください。
自転車乗りが一番気になるWEIGHTも9.3kgと2万円高い、RSR2と同等なとこもお薦めできるポイントですよ。


クロスバイク・ルイガノLGS-RSR2

クロスバイク・ルイガノLGS-RSR3

クロスバイク・ルイガノLGS-RSR4


人気blogランキング順位人気ブログランキング

↓こちらはサブカテゴリーが充実してます
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ







2007年11月09日

クロスバイク LOUIS GARNEAU(ルイガノ) LGS-RSR3 2008MODEL







2008年よりクロスバイク・ルイガノLGSシリーズにRSR3が追加されました。
価格はルイガノRSR4より本体価格(税別)で25,000円高く、ルイガノRSR2より20,000円安く設定されてます。
価格設定からの単純比較では、RSR2とRSR4の中間車種ということになります。3車種ともフレーム(LG 7005 ALUMINUM)は比較表を見る限り共通のようですので、装着パーツのグレードの違いによる価格差のようです。だだ、単純に価格差が車種(グレード)の価値評価とならないと思います。
当然ですが、高価格なパーツは、正確な動作、強度と軽量のバランス、仕上げの美しさ等あらゆる面で安価なパーツより勝ってます。
けれども、趣味として金に糸目をつけず自転車を選ぶ人もいれば(そういう人はルイガノは選ばないかも)、趣味だけど他にもやりたいことがあるので予算内で納得できる範囲で選びたいとか、移動の道具として自転車を使いたいけど見た目が良いものが欲しい・・
等々、個人の使用目的や価値観があります。必ずしも高価格を選択することがベストとはいえないようです。

ところで、クロスバイク LOUIS GARNEAU(ルイガノ)LGS-RSR3 2008なんですけど、ルイガノLGS-RSR2の廉価版というわけではないようです。かといって、ルイガノLGS-RSR4のグレードアップタイプということでもないようです。

まず、RSR3とRSR4を比較すると、重量面ではRSR4が11.1kgに対して、RSR3は9.3kgです。RSR3がフロントフォークにカーボンを採用していることが軽量化へ大きく貢献しています。
変速ではRSR3がF2段・R9段の18スピードに対して、RSR4はF3・段R8段の24スピードです。タイヤサイズはRSR3が700×25C、RSR4が28Cを採用しています。
(もちろんその他パーツの違いはかなりあります)
もし、これからクロスバイクを買いたいけどRSR4とRSR3をターゲットに迷っているなら次のような選び方で決め手みるといいかもです。






待ち乗り中心で乗り、通勤で使うなら市街地走行がメイン、メタボ対策のサイクリングをたまになんて感じなら、ルイガノRSR4を選んだほうがお得だと思います。
700×28Cのタイヤはパンクのリスクを下げられますし、乗り心地もソフトでいいはずです。低めのギヤ比を使いこなせば街中のSTOP&GOを快適にしてくれそうです。シティーサイクルの一段上の走りを楽しめます。



ニューソラ RD−3400


週末のサイクリングを手軽な価格で高性能な自転車が欲しいということであれば、ルイガノRSR3をちょっとがんばって手に入れた方が、満足感が高いとおもいます。10kgを切る車体重量はその軽さを体感できますし、乗りなれれば楽に早くサイクリングロードを駆け抜けることができます。接地面積の小さい700×25Cサイズのタイヤは高速走行向きかつ必要以上に路面状況を気にする必要もなく、扱いやすいタイヤです。9速対応化したNEW SORAをR・Dに採用しているのはコストパフォーマンス面でも優れているといえます。


次回に続きます。
(クロスバイクルイガノ・RSR2とRSR3を比較してみます。)
クロスバイク・ルイガノLGS-RSR3


クロスバイク・ルイガノLGS-RSR4

2009モデルLOUIS GARNEAU(ルイガノ)

人気blogランキング順位人気ブログランキング

↓こちらはサブカテゴリーが充実してます
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ

世界最小サイズのドライブレコーダー

2007年06月04日

クロスバイク通勤スペシャルはどれがいい2

LOUIS GARNEAU(ルイガノ)LGS-AD8の最大の特徴は変速機が、シマノ製新型内装8段変速機アルフィーネを採用しているところにあります。
しかも、フロントギアを2段で16段変速となってます。



内装変速機とは、後輪のハブ内に組み込まれたギヤによって変速する方式です。変速機が表に出ていないため変速不良などの故障が少ないというメリットがあります。また、変速機内にグリスが封入されており、外部からホコリや水の浸入もないため、メンテナンスの必要性が低い変速機です。
通勤用クロスバイクは、ほぼ毎日乗ることにになります。日々の仕事を終えてからメンテをするのも大変ですね。そうかといって、サビサビスプロケで走るのも嫌ですし。メンテの回数を減らしてもクロスバイクが、ちゃんと毎日走ってくれるという安心感は通勤用としては最適だとおもいます。
内装変速機のもうひとつのメリットは停止したまま変速ができるということです。通勤で走行するのは、街中が多くなりますね。当然信号が多いので、ギヤチェンジの回数は増えます。止まる前にギヤを軽くしておくという、割と面倒な操作が不要になります。信号待ちで止まっている時間に軽くすればいいのですから。

内装変速機は優れたシステムですが、もちろんデメリットもあります。外装変速機(スプロケによる変速機)に比べて重いことです。速く走るための目的のクロスバイクでしたら、迷わず外装変速機を選びます。しかし、通勤用に使用するクロスバイクは、楽に操作でき走りに集中できることを最優先して選びたいです。

ただし今回選んだ、クロスバイク通勤スペシャルは重量面でも合格してるものにしました。おかげで、ちょっと価格面を犠牲にしてしまいましたが・・・
ルイガノLGS-AD8は重量11.1kg(450mm)です。しかもディスクブレーキ、ハブダイナモ搭載です。この装備でこの重量でしたら、軽量といってぐらいだといえます。




通勤用クロスバイクは雨の日の走行も想定しなくてはなりません。その点は、ルイガノLGS-AD8はディスクブレー装備のため、制動力は抜群です。シマノ製ということも信頼感があります。




帰宅時間が遅くなることも多いとおもいます。ルイガノLGS-AD8はフロントハブダイナモから電力を供給してます。電池切れの心配無しです。ライトもシマノ製です。


今回ルイガノLGS-AD8を通勤スペシャルに選んでみましたが。もちろん、通勤だけに使用するという目的だけでは選んでません。週末サイクリングも楽しめるクロスバイクという点を重要視してます。
重量11.1kg、アルミフレーム、700C×25Cサイズのタイヤなど、スポーツ走行でも軽快にいけそうです。
パーツ類も怪しいメーカーではなくシマノ製を採用していることも信頼感が高く、選んでも間違いないとおもいます。見た目に関しては、個人の好みがあるので評価は分かれるとおもいます。私個人はシンプルなスタイル、よく見るとメカっポイところなんかが、好きです。


勝手に通勤スペシャルを選んでみました。価格面などを考慮するとベストではないかもしれません。再度、価格限定で選んでみたいです。
また、このクロスバイクにあわせて、通勤用バック、泥除け、スタンド・・などチョイスしてみようと考えてましたが、今日は眠さの限界です。すいません・・別の機会にもう一度書こうとおもいます。

人気blogランキング 今日の順位がわかります
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
My Yahoo!に追加

クロスバイクで休日TOPへ





2007年06月03日

クロスバイク通勤スペシャルはどれがいい?

これから通勤用にクロスバイクを検討されている方も、多いとおもいます。今、ママチャリで最寄駅まで通勤しているのでしたら、クロスバイクに替えると通勤が楽しくなるかもしれません。慣れてくれば、直接会社までクロスバイクでいける気がしてきそうですね。

 実行するには、距離、保管、着替え、会社の許可・・など、いろいろなハードルをクリアする必要があります。すべての方が自転車通勤をできるわけではありません。私はすごい汗かきなので、シャワー→着替えが会社的に無理なので、残念ながら実現できてません。

自転車通勤で運動→会社でシャワーでさっぱり→おまけにメタボ改善→ダイエット→スリムな体型→→モテモテ・・なんて、ちょと(いっぱい)想像してます。

もし今、自転車通勤すると、自転車で運動→汗だく→そのまま仕事→汗臭→女子社員の冷たい目→客先で異臭→売り上げダウン→給料ダウン→生活苦→クロスバイクどころじゃない・・って、どこまでも落ちていきそうです。

すいません。話が変な方向へいってしまって・・

実は今回、クロスバイク通勤スペシャルを独断(もしかしたら偏見もあるかも)で選ぼうとおもいます。まあ、自転車通勤もしてない、オヤジが選んだのでは、皆さんの参考にもならないかもしれません。
けれども、ジテツウへのあこがれと、このクロスバイクなら欲しいという欲望で勝手に選びました。

というわけで選考基準です。

○早く走りたい。 ○毎日乗るので、お手入れが簡単。 ○毎日夜間走行になるのでライトは電池式だとお金がかかるのでハブダイナモ式 ○楽に快適に乗りたい。○帰りに寄り道したい ○ 会社で見られるので素人に自慢できる・見栄えがいい・カッコイイ  

で、2時間以上雑誌とネットみて考えました。結局選んだのはこれでした。

LOUIS GARNEAU(ルイガノ)  LGS-AD8






なんか、どこかで見たようなクロスバイクを選んでしまいました。最後の選考基準を見た目に関してとしてしまったため、私個人の好みがかなり入ってます。
しかし、同じルイガノ製なので形は似てますが、MYクロスバイクRSR2とは仕様がかなり違います。


次回はLOUIS GARNEAU(ルイガノ)LGS-AD8を、なぜ
選んだか書きます。
LGS-AD8はノーマルでは、「真のクロスバイク通勤スペシャル」といえません。少し、パーツをプラスしてカスタマイズしたい(想像ですけど・・)とおもいます。

人気blogランキング 今日は何位かな?

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
My Yahoo!に追加

クロスバイクで休日TOPへ






×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。